WordPresのメリット11選

投稿者: 山内 哲(ヤマウチ テツ) 投稿日:

WordPress(ワードプレス)でホームページを作れるって聞いたけど、正直よくわからない。

そんな方でも、WordPressでホームページを持つと、どんなメリットがあるのか、ご紹介したいと思います。

ホームページを簡単に作成できる

WordPressを使うと、簡単にホームページを作成することができます。

WordPressを使い始めるために、プログラミングなどの専門知識はいりません。

契約したサーバーに、WordPressを「インストール」するだけ。

インストール方法は、使いサーバー会社にマニュアルがあります。マニュアルの手順通りに進めると、WordPress初期設定完了!ってなります。

デザインを選べる

WordPressには「テーマ」というテンプレート(雛形)があります。イチから作らなくてもOK!

思い描くビジネスのコンセプトに近いテーマを選ぶだけ。自由にホームページのデザインを変更できます。

ビジネスのコンセプトに合わせて、色や配置など変更することもできます。

テーマは、日本だけじゃなく、世界中で作られています。無料のものも、有料のもの、たくさんあります。

WordPress公式テーマのページ

WordPress公式テーマの人気順ページ

WordPressの公式テーマで人気順に並べてみたら、2,705個のプラグインが紹介されています(2017年12月13日現在)。どんなテーマがあるか、一つひとつ見るだけでも面白い!

自分で更新できる

WordPressには、「管理画面」があります。管理画面から、ホームページの内容を更新できます。

更新のたびに、ホームページ制作会社に依頼しなくても大丈夫!

初心者の方でも更新する方法をわかりやすく書いているブログがありので、迷うことはないはず。

ホームページを更新したくなったら、WordPressの管理画面にアクセスして、ブログ感覚でホームページを運営できます。

WordPressの管理画面

ちなみにこのブログも、WordPress管理画面で更新

WordPressなら、ビジネスの最新情報だったり、お客様の声だったり、伝えたいことを気軽に発信できます。

機能を追加できる

WordPressには「プラグイン」があります。プラグインをWordPressに追加すると、欲しい機能が使えるようになります。

お問い合わせフォームを加えたり、スライドショーを入れたり、セキュリティを高めたり、多種多様です。

お好みで機能を追加できるのがWordPressの楽しいところ。

WordPress公式プラグイン

WordPress公式プラグインの検索画面

WordPress公式プラグインは、53,339個!びっくりです、ものすごい多さ。

プラグインの個別の詳細ページに、評価や説明も記載されています。

情報が豊富にある

WordPressは、世界で1番使われているブログ運営システムです。

ホームページの27%は、WordPressが使われている。4分の1のシェア率ってすごすぎる(2017年4月現在、情報元:W3Techs)。

もしWordPressの使い方などで困っても、Google検索で大抵のことは解決すると思います。

おすすめは、「3分動画でマスターできる初心者向けプログラミング学習サイト」というコンセプトの「ドットインストール」って動画で学べるサービスです。WordPressをより身近に感じることができるようになると思います。

動画学習サイトの「ドットインストール」

動画学習サイトの「ドットインストール」

他にも本屋さんにたくさん専門書籍があったりします。

WordPressでホームページを作成している人は、ほんとに多いです。パソコンに強い友達に聞いてみると、WordPressに詳しかったりするかも。

SEOに効果的

WordPressは、SEO(検索順位)に適している構造になっています。って、Googleの元プログラマーの人が言っていました(今はアメリカ政府機関で働いているらしい)。

WordPressは、SEO対策をするために、細かく設定できる強みがあります。WordPressを使ったら、検索順位がすぐに上がるってことはないですけど。

WordPressでSEO対策をコツコツ続けて、特定のキーワードでインターネット検索の結果画面で上の方に表示されていることはよく見受けられます。

商用利用が許されている

WordPressは、ビジネス利用OKです。一部の無料ブログは、ビジネス利用NGだったりします。

利用規約を詳しく読まずに無料ブログを始めて、ある日突然、ビジネス利用を理由に全部削除、真っ白。数年間の努力が、一瞬で水の泡ってなりかねない恐ろしさ。

WordPressは、商用利用を禁じられていないので、安心。

複数のスタッフで使える

会社の規模や方針によって違うと思いますが、社長1人でホームページを運営するってことは少ないと思います。

広報や営業など部署ごとだったり、何人か選抜のスタッフだったり、色んな人がホームページ運営に関わったりします。

WordPressは、「管理者・編集者・投稿者・寄稿者・購読者」の5種類のユーザー権限を設定できます。

会社でブログ記事を書く時に、「記事を公開できる人(=編集者)」や「下書きと編集までの人(=寄稿者)」など内部を操作するための区分けができます。

WordPressを操作するスタッフが多いところなら、権限を細かく設定して、操作ミスなどのリスク回避できます。

意図してない広告が表示されない

ホームページを見ているときに、全く関係ない変な広告が表示されていることありませんか?

お客様が広告だと知らずに、会社のホームページみて勝手に幻滅して離れていったら、ほんとにショックです。

無料のホームページ作成サービスで、一定期間ホームページを更新していないと広告表示されるものがあります。

WordPressなら、意図せずに競合他社の広告バナーが表示されたりってことを防ぐことができます。

ブログ記事に、自社の広告バナーを的確に配置して、ビジネスの成果に繋げているホームページもあります。

進化し続けている

パソコンやスマートフォンのように、WordPressも常に開発されて、新しいバージョンが発表されています。

古いままだと、悪意のあるハッキングによって、ホームページが改ざんされてしまったり被害が発生したり。

不正な手段から大切なホームページを守るためにも、最新の状態にして、セキュリティ対策を講じることが大切です。

WordPressは、「オートマティック」って会社で開発されています。

Automatticの本部はアメリカ

Automatticの本部はアメリカ

WordPressを支えるエンジニアは世界中にいます。

外から操作できる

WordPressには、「アプリ」があります。タブレットやスマートフォンからも操作できます。パソコンの前じゃなくても、いいんです!

App Store

App Store

Google Play

Google Play

AppleのiPhoneやiPadなら「App Store」で、GoogleのAndroidなら「Google Play」で、WordPressのアプリを無料で取得できます。

オフィスから離れた外出先や自宅でも、WordPressにネット上でログインして、アプリからホームページを更新できて便利です。

まとめ

WordPressのメリットを11つでした。どうでしたか?

難しいことはできるだけ省いて、ポイントを絞って書いてみました。

WordPressを使うかどうか選ぶ際に、取り組むビジネスや事業によっては良い面と悪い面があるかもしれません。ホームページ作成の参考の一つになれば嬉しいです。


山内 哲(ヤマウチ テツ)

1986年生まれ。福岡県出身。フルスイングの代表者。京都府向日市でWordPressブログ集客のサポートをしてます。好きな言葉は、死ぬこと以外かすり傷。

コメントを残す